公衆無線LAN・Wi-Fiとは

公衆無線LANとは

公衆無線LANとは、「ホットスポット」「アクセスポイント」「無線LANスポット」「フリースポット」とも呼ばれ、無線LANを利用したインターネットへの接続サービスを利用できる場所のことです。一般の無線LANは、自宅やオフィスなど特定の場所でのみインターネット接続が可能ですが、公衆無線LANは、同じSSIDが複数の異なる場所で提供されており、異なる場所でも同じ通信設定でインターネット接続が利用可能となります。
 

Wi-Fiとは

Wi-FiロゴノートPC・スマートフォン・携帯ゲーム機など、様々な機器にWi-Fiの文字が記載されています。 そのWi-Fiですが、そもそもWi-Fiとは一体何なのでしょう?その解説のために、まずは無線LANについてのご説明します。

 

LANは“ラン”と読みます。これはLocal Area Networkの頭文字をとったもので、一般的には企業オフィスや家庭内などで利用される規模のコンピュータ接続ネットワークを指します。
そして、それを無線で実現するのが無線LANです。無線LANをいう言葉自体は特定の技術を指し示すものではありませんが、一般的にはIEEE 802.11シリーズという規格が利用されます。

 

このIEEE 802.11シリーズは、始めのうちは規格が曖昧で異なる製品間での相互接続がうまくいかなかったりしたりしました。 「これで無線LANができます」と言われて買ったのにモノによっては接続できないなんてことでは消費者にソッポ向かれてしまって非常に困ると考えたメーカー各社が「じゃ、キチンとテストするようにしようよ」ということで設立されたのが“WECA(ウェカ)”という業界団体です。

 

このWECAがいろいろがんばって認証プログラムを作り、そのプログラムを通過できた製品に対して使われるブランド名として“Wi-Fi(ワイファイ)”を定義したのです。この定義にあわせてWECAは団体名を“Wi-Fiアライアンス”に変更しました。

つまり、Wi-Fiとは“Wi-Fiのブランド名がついた製品同士なら接続できますよ”という証明なのです。

 

エコネクトWi-Fiで利用できる公衆無線LAN

エコネクトWi-Fiで利用できる公衆無線LANサービスはBBモバイルポイント・Wi2の2種類になります。
エコネクトWi-Fiをご契約頂くと利用可能:BBモバイルポイント、livedoor Wireless
 
エコネクトWi-Fiお申込みはこちら
 
Copyright c econnect INC. All rights reserved.