Termsサービス利用規約

  1. > サービス利用規約

利用規約

ノートン WIFI プライバシー

(最終更新日: 2016 年 4 月 22 日)
  1. 重要: ノートン WiFi プライバシーソフトウェアおよびサービス(「本サービス」と総称)を使う前に、本利用規約(本規約)を注意深くお読みください。お客様の所在地が米国である場合はSymantec Corporation、お客様の所在地がアジア環太平洋諸国または日本である場合はSymantec Asia Pacific PTE LTD、または、お客様の所在地が欧州、中東またはアフリカの場合は Symantec Limited(以下合わせて「シマンテック」)は、本規約のすべての条項に同意した場合のみ、本サービスを利用する個人または法人(以下「お客様」)に対して本ソフトウェアの使用を許諾します。本規約の条項は、シマンテックが提供するソフトウェアまたはサービスの更新版、およびサポートサービスにも適用されます。ただし、かかるソフトウェアまたはサービスに他の条項が規定されていない場合に限ります。他の条項が規定されている場合は、その条項が適用されます。本サービスを利用される前に、本規約の条項を注意深くお読みください。本規約は、お客様とシマンテックとの間を法律的に拘束する契約です。条項に同意することを示す欄にチェックマークを入れる、[同意します]または[はい]ボタンをクリックする、本サービスを利用する、または本ソフトウェアをインストールすることによって、お客様が本規約の条項に同意したものとみなします。お客様がこれらの条項に同意されない場合は、[キャンセル]、[いいえ]または[ウィンドウを閉じる]ボタンをクリックし、本サービスを利用したり、本ソフトウェアをインストールしたりしないでください。現在のサービス期間に対してお客様が支払った代金の払い戻しを受ける方法については、(A) 年間契約のご購入日から 60 日以内であればいつでも、または (B) 契約期間が 1 年未満の場合は、現在有効なサービス期間内(月間契約のご購入日から 30 日以内)であればいつでも(ただしご購入日から 30 日を超えないこと)、ご購入先または本規約の第 18 条に詳細が記載されたシマンテック社のカスタマーサービスにご連絡ください(払い戻される代金は、一部の州や国を除いて送料、手数料および税金を除いた金額になります)。

第1条(サービスの内容)

  1. 本サービスはインターネットで制御され、仮想プライベート接続を構築できるシマンテックのサービス(またはシマンテックのサードパーティ契約会社に属するサービス)を操作する、お客様のコンピュータ、モバイルまたはモバイルコンピューティングデバイス(それぞれ「デバイス」)にインストールされたクライアントソフトウェア(「本ソフトウェア」)を含むことがあります。お客様のデバイス上のクライアントソフトウェアは、インターネット上に展開された、シマンテックおよび他のサービスプロバイダにより管理サービスとして運用される、サーバーネットワークインフラストラクチャに接続します。
  2. 本規約で提供されるサービスのすべてまたは一部は、ネットワークインフラストラクチャを含めて(ただしこれらに限定されない)、サードパーティプロバイダによって提供されることがあります。

第2条(サービス期間)

  1. サービス期間中、お客様は、本ソフトウェアを使用し、本サービスにアクセスする権利があります。「サービス期間」は、(i) お客様がオンラインストアで本サービスの有効期間を購入された場合は購入日、(ii) 他の手段で本サービスを入手された場合(たとえば、本サービスに対するアクセス権がデバイスにプレインストールされていたか、または本サービスの無償版または評価版をアクティブ化している場合)は本サービスをアクティブ化した日に開始され、本ソフトウェアまたは本サービスを入手した認定ディストリビュータまたは販売代理店から提供されたサービスに関する資料または適用可能な取引資料に規定された期間、継続します。

第3条(ライセンス)

  1. (a) シマンテックは、本規約の条項にのみ従って、本サービス、およびシマンテックが提供する関連性のあるあらゆるクライアントソフトウェアにアクセスする、およびこれらを使用するための非独占かつ移行不能のライセンスをお客様に供与します。お客様は本サービスの資料または本サービスを入手した認定ディストリビュータまたは販売代理店から提供された適用可能な取引資料に従って、デバイス上で本サービスおよび本ソフトウェアを使用できます。
  2. (a) クライアントソフトウェアおよび本サービスへのアクセスは、ライセンス対象ですが、販売対象ではありません。シマンテックおよびそのサードパーティライセンサーは、本ソフトウェアおよび本サービスに含まれるすべての知的財産権を含み、これに制限されない、本ソフトウェアおよび本サービスにおけるすべての権利、権原、および権益を有するものとします。さらに、すべての商標、サービスマーク、および商品名を含む、本ソフトウェアおよび本サービスに付属しているすべての資料は、シマンテックおよびそのサードパーティライセンサーの財産です。明示 的か、黙示的かを問わず、本規約に規定されている以外の本ソフトウェアおよび本サービスに関する権利をお客様が取得することはありません。
  3. (c) 適用法によって許容される範囲で、お客様は、以下を実行したり、他の人または法人に対して以下を許可したりしてはいけません。
    • 本サービスのいずれかの部分を、再使用許諾、再配布、またはリースすること。
    • 本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、改変、翻案、その他本ソフトウェアのソースコードの解明を試みること、または、本ソフトウェアまたは本サービスの二次的著作物を作成すること。
    • 本ソフトウェアまたは本サービスの一部を商業目的のために再生成、複製、コピー、販売、取引、再販または利用すること、または、本ソフトウェアまたは本サービスを使用またはアクセスすること。
    • 本ソフトウェアまたは本サービスの使用中にお客様がアクセスまたは受領する著作権を有するいずれかのコンテンツの複製、再生成、キャプチャ、保存、再送信、配布、またはCD(あるいは他のいずれかの形式)への書き込みを行うこと。著作権のある資料をこのような禁止されている用途に使用した場合は、すべてのリスクおよび責任はその使用者が負います。

第4条(ノートン アカウント)

  1. (a) 本ソフトウェアおよび本サービスのアクセスと利用には、最新のシマンテックのノートン アカウント(「ノートン アカウント」)が必要となる場合があります。ノートン アカウントをお持ちでない場合、本ソフトウェアおよび本サービスを利用するには、ノートン アカウントを作成するための該当する登録プロセスを完了する必要があります。本ソフトウェアおよび本サービスの使用権をサービスプロバイダから購入し、本ソフトウェアおよび本サービスへのアクセスおよびそれらの使用に別のユーザーアカウント(「SP ユーザーアカウント」)を使用する必要がある場合、ノートン アカウントは必要でない場合があります。 本ソフトウェアおよび本サービスにアクセスして使用する際にノートン アカウントまたは SP ユーザーアカウントのいずれが必要かを確認するには、適用可能なサービスプロバイダとの取引資料をご参照ください。シマンテックは、お客様のノートン アカウントまたは SP ユーザーアカウントのパスワードの機密性を維持する責任を負いません。さらに、お客様が本規約に従って本ソフトウェアおよび本サービスのすべての権利を譲渡する場合は、ノートン アカウントから譲渡された本ソフトウェアおよび本サービスのライセンスキーにアクセスしたり、そのライセンスキーを管理したりすることについても放棄する必要があります。シマンテック社のカスタマーサービスに問い合わせるか、以下で規定されたシマンテック社のサポートページにアクセスしてください。
  2. (b) 以下に定義するサービス期間中に最新の登録情報を保持するため、お客様はシマンテックに対して正確で真実の登録情報を提供することに同意するものとします。これには、お客様の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスが含まれますが、これに制限されません。

第5条(許可される用途)

  1. (a) お客様は、お客様が提供するすべてのノートン アカウント情報の機密性を維持および保護する責任を負います。またお客様は、当該ノートン アカウントの下で発生したすべての活動について全責任を負います(シマンテックが実施した、または明示的に許可した活動を除く)。
  2. (b) お客様は、本サービスに関連するお客様の行為について単独で責任を負うものとします。お客様は、お客様が従うデジタルミレニアム著作権法および他の同様な法律を施行するため、および/または起こりうる違反を防止するために、シマンテックに従い、協力することに特に合意します。当該法律には、欧州連合内で、情報社会における著作権および関連する権利について特定の面で協調することを定めた、2001 年 5 月 22 日に欧州議会および欧州理事会で制定された指令 2001/29/EC の国内実施に関する法律などがあります。英国では、これらは Copyright,Designs and Patents Act 1988 に含まれています。
  3. またご利用者は、以下の態様で本サービスを利用しないことに同意するものとします。
    • 適用される法令に違反する場合、または適用される法令の違反を助長するため。
    • 卑猥、猥褻、ポルノ的、または不快なコンテンツをアップロード、投稿、伝送するため。
    • 詐欺または欺瞞的な方法を用いる場合。
    • 権利を有していないコンテンツ、またはいずれかの当事者の知的財産権を侵害するコンテンツをアップロード、投稿、または伝送するため。
    • すべてのプライバシー、知的財産、機密性、または契約上の、あるいはその他の権利を侵害または違反しない方法を用いる場合。
    • 許可されている用途、またはお客様がコンピュータシステム、ネットワーク、またはWeb サイトを使用する場合に適用される可能性のあるその他のポリシーまたは条項に違反または抵触する方法を用いる場合。
    • 名誉棄損、暴言、嫌がらせ、ストーカー行為、脅迫、第三者の法的権利の侵害、または第三者のプライバシー権の侵害に該当する行為のため。
    • ウイルス、またはトロイの木馬、ワーム、時限爆弾などのファイルなどの他の有害なコンピュータコードまたはファイルを含むコンテンツをアップロード、投稿、または伝送するため。
    • 迷惑な、または不正な広告、プロモーション資料、「迷惑メール」、「スパム」、「チェーンレター」、「マルチ商法」、またはその他の形式の勧誘をアップロード、投稿、または伝送するため。
    • 本サービス、本サービスの他のユーザーのアカウント、本サービスに接続されているコンピュータシステムもしくはネットワークに対する不正アクセスを試みるため、または本サービスもしくは本サービスに接続されているサーバーやネットワークの妨害または中断を試みるため。
    • 本ソフトウェアまたは本サービス上の著作権またはその他の財産権表示を削除するため。
    • 本サービスまたは本ソフトウェアを商業目的に使用するため。本ソフトウェアおよび本サービスは個人的な、商業以外の用途に限って利用することができます。
    • 18 歳未満のお客様が本ソフトウェアまたは本サービスを使用するため。
    • 本ソフトウェアまたは本サービスのセキュリティ関連機能、本ソフトウェアの利用もしくは複製を防止もしくは制限する機能、または本サービスの利用制限を強制する機能を削除、迂回、無効化、破損、妨害するため。
    • 本サービス、本ソフトウェア、またはその一部のリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブリ、またはソースコードの解読を行うため。ただし、この制限にかかわらず、当該行為が適用法によって明示的に認められている場合には、認められている範囲を除きます。
    • 本ソフトウェア、本サービス、またはその一部の修正、改造、翻訳、または二次著作物の作成を行うため。ただし、上記の制限が適用法によって明示的に禁止されている場合には、禁止されている範囲を除きます。または、シマンテックの取り組みおよび本規約に記載されている条項にかかわらず、お客様が本サービスを使用しているときに不快な、猥褻な、または不適切なコンテンツが表示されることがあるため、かかるコンテンツが表示されることについてお客様は自己責任でご利用ください。

第6条(サービスの変更、利用規約の変更)

  1. シマンテックが、お客様のサービス期間中、その裁量により本ソフトウェアや本サービスへの新機能を利用できるようにした場合に、お客様はその機能を受け取る権利があります。シマンテックは、製品やサービスの使いやすさや性能を向上するため絶えず努力しています。本ソフトウェアおよび本サービスを最適に利用できるようにするために、シマンテックはその裁量により、保守活動を目的として、お客様への通知の有無に関係なくいつでも、(i) 本ソフトウェアおよび本サービスの機能を追加、修正、または削除する、あるいは (ii) 本ソフトウェアおよび本サービスの使用を一時的に制限したり、その可用性を制限したりすることができます。シマンテックは本規約の条項を更新することもできます。シマンテックでは、お客様が本規約の条項を定期的に確認して、更新されているかどうかを確認することをお勧めします。本サービスを継続的に利用する場合は、本規約の更新済みの条項に合意したものとみなされます。

第7条(終了および停止)

  1. (a) 本サービスを使用する権利は、サービス期間の終了とともに終了します。また、お客様が違反した場合、またはお客様が本規約の条項に違反したとシマンテックが信じる合理的な理由がある場合、もしくはお客様が本サービスを使用したことでシマンテックが法的責任を問われる場合や、第三者の本サービスの使用が妨害される場合、シマンテックはその裁量により、お客様への通知の有無にかかわらず、いつでもお客様の本サービスの使用を即座に停止または終了することができます(この場合払い戻しは行われません)。

第8条(返金保証)

  1. お客様が本ソフトウェアおよび本サービスのオリジナルのライセンシーであり、かつ何らかの理由により本ソフトウェアに完全に満足されない場合、本ソフトウェアおよび本サービスの使用を停止してください。また、年間契約のご購入日から 60 日以内、または月間契約のご購入日から 30 日以内に、(i) お客様が本ソフトウェアおよび本サービスを購入した認定販売代理店、(ii) 本ソフトウェアおよび本サービスをデバイスにバンドルされた製品の一部として取得された場合、デバイスにプリロードされた本ソフトウェアおよび本サービスを含むデバイスを購入した認定販売代理店、または (iii) 本規約の第 18 条に規定するシマンテック社のカスタマーサービス宛てにご連絡いただき、現在のサービス期間に対してお客様が支払った代金の払い戻し方法についてご相談ください。払い戻しされる代金は、一部の州や国を除いて送料、手数料および税金を差し引いた金額になります(「払い戻し」)。
  2. 疑義を避けるために付言すると、お客様が本ソフトウェアおよびサービスをサービスプロバイダから購入した場合、払い戻しの対象になりません。また、以前に購入しかつ払い戻しを受けたノートン製品と同一の製品を再購入した場合も、払い戻しの対象になりません。

第9条(データ収集、データ保護の規制)

  1. 本サービスをお客様が使用することに関連し、シマンテックは特定の情報(以下「収集データ」という)を収集、保持、開示、使用することがあります。収集データには、お客様、お客様のデバイスもしくはシステム、またはお客様のサービス使用に関する個人情報を含みますがこれに限定されません。シマンテックは、統計分析集計データの確認などを通して、このような収集データを使用して、本サービスを有効化、最適化、提供したり、お客様に保守/サポートを提供したり(その際、第三者が関与する場合があります)、シマンテックの製品およびサービスを全般的に改善したりします。本サービスのインストールおよび/または使用により、お客様は本条項で説明した収集データをシマンテックが収集することに同意したものとみなされます。シマンテックがお客様またはお客様のデバイスから収集、維持、開示、使用する情報について詳しくは、シマンテックのプライバシー通知(http://www.symantec.com/about/profile/privacypolicy/)を参照してください。本サービスの使用は、地域によりデータ保護に関する法律または規制の対象となることがあることに留意してください。お客様には、そのような法律または規制に確実に従って本サービスを使用する責任があります。

第10条(著作権)

  1. シマンテックは他者の知的財産権を尊重し、他者も同様に尊重することを期待しています。申し立てられた侵害通知に対応することは、シマンテックのポリシーです。この対応には、適切な状況下で、シマンテックの裁量により、侵害活動の対象であると主張された資料をユーザーが伝送および/または保管する機能を無効化すること、および/または当該ユーザーがアプリケーションを使用する機能を終了することが含まれる場合があります。
  2. シマンテックは 1998 年に制定されたデジタルミレニアム著作権法(「DMCA」)に従い(本文はアメリカ合衆国著作権局の Web サイト http://www.copyright.gov/legislation/dmca.pdf に掲載)、下記のサンプル通知で識別されているシマンテックの指定著作権エージェントに報告される、シマンテックの Web サイト(「サイト」)で確定されている著作権侵害請求に迅速に対応します。
  3. このような対策を行う場合、シマンテックはコンテンツを保管および/または伝送したユーザーに誠実な方法で連絡を取り、ユーザーが DMCA の第 512 条(g)(2) および (3) に従って反論通知を作成できるようにします。シマンテックが対応する、申し立てられたすべての侵害通知を文書化することは、シマンテックのポリシーです。
  4. お客様が著作権者である場合、またはその権限を持つエージェントである場合、もしくは著作権に従う排他的な権利に基づいて行使する権利を有している場合に、シマンテックのアプリケーションの使用がお客様の著作権を侵害することになると確信できるときは、DMCA 侵害申し立て通知を提出し、シマンテックの指定著作権エージェントに送付することができます(下記の問い合わせ先を参照)。下記に示す通知を受領した場合、シマンテックはその裁量により、シマンテックのサイト上の問題のある資料を削除するか、アクセスを無効にするなど、適切と思われるあらゆる対応を行います。
  5. DMCA 侵害申し立て通知をシマンテックの著作権エージェントに提出するには、以下で指定された項目を規定する書面による通知(郵便物や電子メール)を提供する必要があります。製品または活動がお客様の著作権を侵害しているという重大な誤認があった場合、お客様は損害(費用や弁護士料を含む)について責任を負う可能性があることに留意してください。したがって、オンライで利用可能な資料がお客様の著作権を侵害しているかどうか確信を持てない場合は、最初に弁護士に相談することをお勧めします。お客様の申請を迅速に処理できるようにするために、次のフォーマットをご利用ください。
    • お客様が侵害されていると信じる著作物について詳細に識別します。この通知で複数の著作物が対象となっている場合は、侵害されているとお客様が主張する著作物の代表的なリストを提出することができます。
    • (i) お客様が侵害している(または侵害活動の対象となっている)と主張していて、削除またはアクセスの無効化が必要な資料を識別し、その資料を特定するために必要な合理的な量の情報(このような資料が掲載されているサイトにリンクが表示されている場合は、少なくともこのリンクの URL など)を提供します。また、(ii) お客様が侵害していると主張していて、削除またはアクセスの無効化が必要な資料または活動に対する参照やリンクを識別し、この参照やリンクを特定するために必要な合理的な量の情報(このような参照やリンクが掲載されているサイトにリンクが表示されている場合は、少なくともこのリンクの URL など)を提供します。お客様は侵害している資料の項目をそれぞれ個別に識別する必要があります。
    • シマンテックがお客様に連絡するために必要な合理的な量の情報(電子メールアドレス、電話番号、および郵送先住所)を提供します。
    • 通知の本文に次の両方の文を含めます(これらの文が正しい場合)。
      • 「私は、争点となっている、著作権を有する資料または当該資料に対する参照またはリンクの使用が、著作権者、そのエージェント、または法律によって許可されていないと確信していることをここに述べます。」
      • 「私は、この通知に記載された情報が正確であること、および違反すれば偽証罪に処する条件で、私が著作権の所有者であること、または著作権の所有者、またはもしくは侵害していると申し立てられた著作権に従う排他的な権利の所有者の代理人として行動する権限を持っていることをここに述べます。」
    • お客様の実名および電子的あるいは物理的なシグネチャを提出します。
    • この通知を、すべての項目に記入した状態で、シマンテックの指定著作権エージェントに送付します。

      Symantec Corporation
      宛先: Copyright Agent
      350 Ellis Street, Mountain View, CA 94043

      電子メールの宛先: copyrights@symantec.com(件名行に「DMCA Complaint」の単語を含める)
      上記要件の一部に準拠しなかった場合、DMCA 通知は無効になる可能性があります。

第11条(保証の免責)

  1. 本ソフトウェアおよび本サービスならびにサードパーティのソフトウェアまたはサービスは、適用法に基づいて最大限許容される範囲において、どれほど欠陥があっても、「無保証」かつ「現状有姿のまま」提供されます。シマンテックおよびライセンサーは、書面か口頭か、法令か、明示的か黙示的かにかかわらず、以下のいかなる保証なしに本サービスを提供し、以下の保証から免責されます。権原の保証、不侵害、商品性、特定目的への適合性(取引の過程から生じる場合など)が含まれますがそれに限定されない一切の保証。シマンテックおよびライセンサーは、本サービスまたは本ソフトウェアが中断されないこと、誤りがないこと、または安全であることを保証しません。シマンテック、そのライセンサー、関連会社、そのエージェント、またはその契約会社またはそれぞれの従業員によって提供されたいかなるアドバイスや情報も、本規約の条項を変えたり、保証するものではありません。シマンテックは、お客様による本サービスの改変、誤用、悪用、放置、不適切な使用、および (I) 不適切な電圧または電流、(II) 他人による修理、変更や修正、(III) 事故、火災、洪水、破壊行為、天災など、シマンテックの合理的な支配の及ばない不可抗力事象に対して責任を負うものではありません。適用法に基づいて最大限許容される範囲において、シマンテックのテクニカルサポートは保証の対象外であり、自己責任でご利用ください。シマンテックおよびライセンサーは、本サービスを使用して実行された処理、アクセスされたコンテンツや情報に関して保証することはありません。本条項における制限は、適用法によって許可されない限り、その制限は、適用法によって除外されている範囲までお客様に適用されません。英国のお客様のみ: 英国のお客様は、シマンテックの過失またはシマンテックの本規約に基づく義務への違反が原因で生じた損失に関して特定の法的権利を有している可能性があります。これらの条項はお客様の法的権利に影響するものではありません。お客様の法的権利の詳細については、お住まいの地域の取引基準を扱う部門または市民相談所にお問い合わせください。

第12条(責任の制限)

  1. 州および司法管轄区(欧州経済圏のメンバー国を含む)によっては、付随的または間接的損害に対する責任の制限または免除を認めていません。その場合、次の制限または免責は、お客様に適用されないことがあります。
  2. (a) 適用法に基づいて最大限許容される範囲において、お客様は本サービスの使用および使用結果に対して全責任を負うものとみなされます。シマンテックおよびライセンサーは、本サービスを使用して作成される、またはアクセス可能となるコンテンツまたはデータに対して制御は行わず、責任を負わないものとします。お客様は、エラーによって損害または損傷を起こすようなリスクの高い活動において本サービスを使用しないことに同意するものとします。
  3. (b) 適用法に基づいて最大限許容される範囲において、責任について主張する法理論にかかわらず、シマンテックに責任、損失または損害の原因がある可能性があるかどうかにかかわらず、シマンテック、ライセンサー、関連会社、エージェント、契約会社は、本規約、本サービスまたは本ソフトウェアに関係して、またはそれが原因で起きた偶発的、間接的、特別、依存、懲罰的、間接的または予測不能ないかなる種類の損害(利用による損害、ビジネス上の損失、逸失利益または帰属利益または収益、コンテンツ、情報またはデータの消失または破壊、補てんのコスト、中断したサービス、ソフトウェアおよび/または関連資料への信頼)に対して責任を負わないものとします。
  4. (c) 適用法に基づいて最大限許容される範囲において、本条項で制限されていない損害に対するサービス関連の請求に関して、このような請求の唯一の法的救済は、請求となった事象の発生前の直近の 12 カ月の関連サービスに対しシマンテックに支払った総額に制限されます。本規約による、または本規約に関連するシマンテックの責任の範囲は、請求となった事象の発生前の直近の 12 カ月に、本規約に基づきシマンテックに支払った総額を超えないものとします(「損害の上限」)。
  5. (d) シマンテックおよびライセンサーは、サービス変更によりお客様の機器の変更が必要となったり、お客様の機器の性能またはその機器のサービスのレベルが低下したり、またはお客様の機器が使用できないものになった場合、あらゆる責任を負わないものとします。
  6. 英国のお客様のみ: 本規約のいかなる条項も、過失によって生じる死亡または人的傷害、もしくは詐欺や詐欺的な不当表示についてのシマンテックの責任を制限または除外するものではありません。

第13条(補償)

  1. 適用法により認められる最大限において、お客様は第三者の請求、要求、費用、損害、損失、責任、さらに適切な弁護士費用など、お客様の本サービスの使用に起因する、またはそれに関連して発生する第三者による費用について、それらに起因する、およびそれらに対する全費用をシマンテック、その親会社、子会社、関連会社、役員、重役、従業員、エージェントに支払うものとします。これには、本サービスを介してアップロード、投稿、または伝送されたコンテンツが原因となる、またはそれに関連する責任が含まれますが、これらに限定されません。

第14条(米国政府の制限された権利)

  1. 米国政府の調達について、本ソフトウェアは、FAR12.212 の規定によって商業用コンピュータソフトウェアとみなされ、 FAR 52.227-19「 Commercial Computer Software - Restricted Rights 」 、 DFARS 227.7202 「 Rights inCommercial Computer Software or Commercial Computer Software Documentation」、その他の後継規制の規定により制限権利の対象となります。米国政府による本ソフトウェアの使用、修正、複製のリリース、実演、表示、開示は、本規約の条項に従ってのみ行われるものとします。

第15条(輸出規制)

  1. お客様は、本ソフトウェア、関連する技術データおよびサービス(「規制対象技術」と総称)が、米国の輸出入関係法令、特に米国輸出管理規制(EAR)、および規制対象技術を輸入または再輸出する各国の法令の対象となることを認識しているものとします。お客様はこれらの法律に違反しないことに同意し、米国の法令に違反していかなる規制対象技術も輸出せず、また、輸出許可またはその他の政府承認が必要な禁輸対象国、法人、人物に対して規制対象技術を輸出しないものとします。キューバ、北朝鮮、イラン、シリア、スーダンおよび貿易制裁の適用を受けている国への、シマンテック製品の輸出または再輸出は禁止されています。化学兵器、生物兵器、核兵器、またはミサイル、無人機、または大量破壊兵器を輸送できる飛翔体などの設計、開発、製造、訓練または試験などの活動に関連してシマンテック製品を使用または奨励することは、米国の法律により禁止されています。

第16条(紛争解決)

  1. 本 16 条は米国のお客様のみに適用され、他の国のお客様には適用されません。
  2. シマンテックは、契約に関する意見の相違のほとんどはシマンテックカスタマーサポートに問い合わせることで略式的に、かつ効率的に解決できると信じています。米国在住のお客様がシマンテックカスタマーサポートで紛争を解決できない場合、お客様とシマンテックは、本ソフトウェアおよび本サービスまたは本使用許諾契約(「請求」)に起因してまたは何らかの点で関連して紛争、請求、または論争が生じた場合は、次のように、一般的管轄権を有する裁判所ではなく、拘束力を有する仲裁または少額裁判所によって解決することに同意するものとします。
  3. A. 少額裁判所: 管轄権や紛争で問題となっている金額に関する制限など、少額裁判所のすべての要件が満たされている場合、お客様は少額裁判所で請求訴訟を起こすことを選択できます。お客様は居住国の少額裁判所またはカリフォルニア州サンタクララ郡の上位裁判所に請求を提起することに合意します。
  4. B. 仲裁: 仲裁は、裁判所での訴訟より略式的に行われます。 仲裁は、裁判官や陪審員ではなく中立の仲裁人により行われ、裁判所よりも開示が限定され、また、裁判所による審査も非常に限定されています。仲裁人は裁判所と同様の損害賠償および救済を裁定することができます。お客様は、本使用許諾契約に同意することにより、本仲裁条項の解釈および施行に対して米国の連邦仲裁法が適用されること、およびお客様とシマンテックはそれぞれ陪審裁判を受ける権利または集団訴訟に参加する権利を放棄することに同意したものとみなされます。 本仲裁条項は、本使用許諾契約の終了後および/またはお客様のシマンテック製品のライセンスの終了後も存続するものとします。
  5. a. 請求通知: お客様が仲裁を求めることを選択した場合、まずシマンテックに対し、書面による請求通知(以下、「請求通知」)を配達証明郵便にて送付する必要があります。 シマンテックへの請求通知は、以下の宛先に送付してください。また、請求通知には、目立つ場所に「請求通知」と記載してください。宛先: General Counsel, Symantec, Inc., 350 Ellis Street, MountainView, CA 94043 請求通知には、シマンテックからの連絡先として使用を希望する郵送先住所および電子メールアドレスを記載してください。シマンテックが仲裁を求めることを選択した場合、お客様の請求先住所宛に書面による請求通知を配達証明郵便にて送付します。請求通知には、お客様またはシマンテックのどちらが送付するかにかかわらず、(a) 請求または紛争の性質および根拠の説明、(b) 請求する具体的な損害賠償額またはその他の救済の内容(以下、「要求」)、ならびに (c) シマンテックがこれ以降「紛争解決」条項を修正することについてお客様が拒否するかどうか(第 16 条 (B)(e) を参照)を記載する必要があります。
  6. b. 仲裁手続き: 請求通知の受領後 30 日以内にお客様とシマンテックが当該請求を解決するための合意に至らなかった場合、お客様またはシマンテックは、仲裁手続きを開始する(または少額裁判所に請求を提起する)ことができます。 お客様は以下のサイトから通知の書式および仲裁を開始するための書式をダウンロードまたはコピーすることができます。URL: www.adr.org 米国仲裁協会 (American Arbitration Association、以下、「AAA」) の消費者または商事仲裁規則(以下、総称して「AAA 規則」)が適用可能な場合、これらが本使用許諾契約により修正されて仲裁に適用されます。仲裁は AAA により行われます。 AAA 規則および AAA の書式は、オンライン (www.adr.org) または電話 (1-800-778-7879) にて入手可能です。 仲裁は、本使用許諾契約の条項に拘束されます。 本仲裁条項の範囲および法的強制力を含め、すべての問題が仲裁人により決定されます。
  7. お客様とシマンテックが別途合意しない限り、仲裁の聴聞会は、お客様の居住地またはお客様が請求通知に記載した郵送先住所の郡において行われるものとします。 お客様の請求額が 10,000米ドル以下の場合、シマンテックは、お客様が仲裁人に提出した文書に基づいてのみ仲裁を実施するか、電話による聴聞により仲裁を実施するか、または AAA 規則に規定するとおりの対面式の聴聞によって仲裁を実施するかをお客様が選択できることに同意します。 お客様の請求額が10,000 米ドルを超える場合、聴聞の権利は AAA 規則によって決定するものとします。 仲裁の実施方法にかかわらず、仲裁人は、裁定の根拠となる基本的な調査結果と結論を十分に説明する理由の記載された裁定書を交付するものとします。 仲裁人の選定前に、シマンテックが書面にて提示した最後の和解案の額よりも、仲裁人がお客様に下した裁定額の方が大きい場合(または、仲裁人の選定前にシマンテックが和解案を提示していない場合)、シマンテックは、裁定額に加え、500 米ドルまたは裁定額の 10% のうち、いずれか大きい方の額をお客様に支払うものとします。仲裁者が確認判決または差し止めによる救済を裁定する際は、救済を求める個別の当事者に対してのみ、かつ当該当事者の個別の請求により正当化される救済を付与するために必要な範囲でのみこれを行うことができます。
  8. c. 仲裁費用: お客様の損害賠償額が 10,000 米ドル以下の場合、シマンテックは初回出願手数料の返済を含む、仲裁を行うために AAA によって課せられたすべての費用を支払います。ただし、仲裁人が、お客様の仲裁要求に記載されたお客様の請求または救済の内容に根拠がないか、または不適切な目的のために提起されたと判断した場合は除きます(連邦民事訴訟規則第 11 条 (b)で規定された基準に従います)。お客様の損害賠償額が 10,000 米ドルを超える場合は、出願、管理、および仲裁人の費用を含むすべての AAA 費用の支払いに標準的な AAA 規則が適用されます。
  9. d. 集団訴訟の放棄: お客様とシマンテックは、それぞれ相手方に対して請求を提起する場合、集団訴訟または代表訴訟とされる訴訟の原告としてではなく、個々の立場で請求を提起することに同意するものとします。 また、お客様が仲裁を選択した場合は、お客様とシマンテックの双方が別途同意しない限り、仲裁者は、複数の者からの請求を、お客様の請求と併合することはできず、また、その他の方法により、何らかの形式の代表訴訟または集団訴訟を統括することもできません。 この特定の条項が執行不可能であると判断された場合、本紛争解決条項の全体が無効であるものとします。
  10. e. 紛争解決条項の修正: 第 6 条にかかわらず、お客様が本使用許諾契約に最初に同意した日付の後にシマンテックが本「紛争解決」条項を変更し、お客様が当該変更に肯定的に合意しなかった場合、お客様はお客様の請求通知内でその旨を述べて当該変更を拒否することができます。お客様の請求通知内で本解決紛争条項に対する変更を拒否しなかった場合、お客様は、お客様の請求通知の日付から効力が発生する紛争解決条項の条件に従い、お客様とシマンテックの間ですべての請求を解決することに合意したとみなされます。シマンテック製品の使用許諾契約の最新版は次の URL に掲載されています。http://www.symantec.com/about/profile/policies/eulas/

第17条(完全な合意)

  1. 本規約および補足条項、更新事項、本ソフトウェア(本サービスで使用するためにシマンテックにより提供された本ソフトウェアに含まれるすべての契約を含む)、お客様が使用するインターネットベースのサービスおよびサポートサービスは、本ソフトウェアおよび本サービスの完全な合意を構成するものとします。

第18条(その他の条項)

  1. 本規約には、日本の法律が適用されます。本ライセンスの何らかの条項が無効とされた場合、かかる無効性は、本ライセンスのその他の条項の有効性には影響しないものとします。本ライセンスへの修正は、かかる修正の執行が図られる側の当事者が署名した書面によって証明されない限り、効力を有しません。本ライセンスの違反または不履行に対して、シマンテックまたはお客様が権利を放棄しても、本規約に基づくその他の違反または不履行に対する権利放棄とはみなされません。本規約について質問がある場合、またはその他の理由でシマンテックに連絡する必要がある場合は、次のいずれかまで書面にてご連絡ください。(i)Symantec Customer Service, 555 International Way, Springfield, OR 97477, U.S.A. 、 (ii)Symantec Consumer Support, PO Box 5689, Dublin 15, Ireland、または (iii) Symantec CustomerService at Level 3, 437 Kilda Rd, Melbourne, VIC, 3004, Australia 。あるいは、www.symantec.com/globalsites/index.jsp でサポートページを参照してください。

第19条(法的な効力)

  1. 本規約には、特定の法的な権利が記載されています。お客様は、お客様の州または国の法律に基づいて、他の権利を有する場合があります。また、お客様は、お客様に本ソフトウェアを提供した当事者に対して権利を有することもあります。お客様の州または国の法律によって許可されていない限り、本規約によって、かかる法律に基づくお客様の権利または義務が変更されることはありません。

CPS / NWP / TOS 1.0 / IE_JP

個人情報の取り扱いについて

事業者の氏名または名称 株式会社エコネクト(econnect,Inc.)
個人情報保護管理者 株式会社エコネクト 新谷 悠 TEL:0120-500-982
個人情報取り扱いに関しての電話番号 電話番号:03-6680-1562
個人情報の利用目的 ご入力いただき当社が取得したメールアドレスは、エコネクトサービス新規お申込みのために利用いたします。
個人情報の第三者提供について 人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。
個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報は上記利用目的を達成するため、業務の一部を当社と秘密保持契約を締結している業務委託先に委託することがあります。 委託に際しては、個人情報の保護水準が、当社が定めた基準を満たす事業者を選定し、適切な管理・監督を行います。
開示対象個人情報の開示等および問合窓口について ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。 開示等に応ずる窓口は、当該の「お電話でのお問合わせ(TEL:0120-500-982)」になります。
個人情報を入力するにあたっての注意事項 取得目的に基づく個人情報の提供はご本人の任意ですが、ご提供いただけない場合にはご本人に対し実施する対内的または 対外的な業務処理を遂行できない場合や、当社がお客様に提供するサービスをご利用になれない場合があります。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。
個人情報の安全管理措置について 取得した個人情報については、漏えい、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。 このサイトは、SSL(Secure Socket Layer)による暗号化措置を講じています。
Top